日本のお城NAVI

日本中のお城を網羅することが目標(現在98城)

*

明石城

   

明石海峡近くまで迫った丘陵に築かれた平山城である。
別名喜春城、錦江城。

大坂夏の陣で戦功をたて、1617年(元和3)に明石10万石を賜った小笠原忠真は、はじめ船上城に入った。しかし交通の要所に新規築城を計画する。資材は、一国一城令で廃城になった周辺の三木・高砂・船上・枝吉城などから運ばせた。1619年(元和5)に完成。

以後城主は、戸田・大久保・松平・本多・松平氏と替わって明治維新を迎える。

石垣や堀、櫓2基(重文)が現存。巽櫓は、船上城の遺構である。坤櫓は伏見城の遺構と伝わる。

所在地 兵庫県明石市明石公園1-27
見学時間 10:00〜16:00
遺構 櫓、石垣、堀、移築門
築城年 1618年(元和4)
築城者 小笠原忠真
主な城主 小笠原氏、松平氏(戸田氏)、大久保氏、本多氏、松平氏

 - 兵庫県 , , , , , , , , , ,

Loading...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

竹田城

別名虎臥城、安井ノ城、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城とも呼ばれ …

赤穂城

古くは仮屋城とよばれていた。 別名加里屋城、大鷹城。 戦国時代に宇喜多秀家が起工 …

篠山城

篠山盆地の中心に位置する平山城。1609年(慶長14)、西国の諸大名が動員された …

姫路城

兵庫県南西部、瀬戸内海に臨む姫山に築かれた平山城。国の特別史跡。ユネスコ世界文化 …

PREV
篠山城
NEXT
赤穂城