日本のお城NAVI

日本中のお城を網羅することが目標(現在98城)

*

松山城

      2014/10/02

愛媛県の中部、道後平野に孤立する勝山に築かれた平山城。国史跡。
別名金亀城、勝山城。

1602年(慶長7)、20万石で入封した加藤嘉明が、勝山の山上に起工し、松山と命名した。
しかし、竣工間近に嘉明は会津に転封。替わって入封した蒲生忠知の代に完成された。

嗣子なく蒲生氏が断絶したあと、徳川家康の甥松平(久松)定之が入封。この時、5重から3重に改築された天守は、幕末に落雷で焼失。まもなく再建されて現存している。

所在地 松山市丸之内1
見学時間 5:00~21:00 ※11月〜3月 5:30〜21:00
遺構 現存天守、櫓、門、塀、井戸、石垣、土塁、堀
築城年 1602年(慶長7)
築城者 加藤嘉明
主な城主 加藤氏、松平(久松)氏

 - 四国, 愛媛県 , , , , , , , , , , , ,

Loading...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

高知城

高知県の中央部、鏡川と江ノ口川に挟まれた大高坂山に築かれた平山城。国史跡。 別名 …

高松城

香川県の中央部、瀬戸内海に面した海岸に築かれた平城。国史跡。 別名玉藻城。 15 …

徳島城

徳島県の北東部、吉野川河口の三角州にある丘陵に築かれた平山城。 別名渭山城、渭津 …

PREV
高松城
NEXT
高知城