日本のお城NAVI

日本中のお城を網羅することが目標(現在98城)

*

高松城

      2014/10/02

香川県の中央部、瀬戸内海に面した海岸に築かれた平城。国史跡。
別名玉藻城。

1588年(天正16)、羽柴秀吉の四国平定後に讃岐一国15万石で入封した生駒親正が、3重の天守を擁する城を築き、瀬戸内水軍の押さえとした。
生駒氏はお家騒動のため3代で転封となり、かわって入封した徳川光圀の兄松平頼重が城を拡張。この時、最上階が下層よりも張り出す南蛮造りで改築された天守は、明治維新後に取り壊されている。

所在地 高松市玉藻町2-1
見学時間 5:30~19:00(季節によって変更あり)
遺構 櫓、門、渡櫓、石垣、堀
築城年 1590年(天正18年)
築城者 生駒親正
主な城主 生駒氏、松平氏

 - 四国, 香川県 , , , , , , , , ,

Loading...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

高知城

高知県の中央部、鏡川と江ノ口川に挟まれた大高坂山に築かれた平山城。国史跡。 別名 …

徳島城

徳島県の北東部、吉野川河口の三角州にある丘陵に築かれた平山城。 別名渭山城、渭津 …

松山城

愛媛県の中部、道後平野に孤立する勝山に築かれた平山城。国史跡。 別名金亀城、勝山 …

PREV
徳島城
NEXT
松山城